PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2011年初ハイキング~棒の峰

梅雨の中休みだった日曜日、今年初のハイキングに行って来ました♪
ちなみに今日はウザイくらい写真いっぱいです

今年初の山は去年と同じ『棒の峰(棒の折山)』です!
ここは私が初めて登った山でもあるので、毎年登り始めはこの山を自然と選んでしまいます。(去年の記事はコチラから
DSCF3810.jpg有間ダムの奥にある白谷沢登山口から登ります。

ちゃんと案内板もあります。
DSCF3808.jpg

登山口にはこんな湧き水もあります。
DSCF3809.jpg高尾山や御岳山のような観光登山ルートの様に登山口が広くないので、ちょっと見落としやすいかもしれません

登り始めはいきなりの急斜面が続きます!夫曰く「これは急斜面じゃない!」との事ですが、私にとっては急斜面です(苦笑)
DSCF3812.jpg最初からちょっとキツイですが、この急斜面を越えると・・・

沢すじの爽やかなコースになります♪初心者向けのハイキングコースでは、沢登りが楽しめるコースは少ないのでここは貴重なコースです。
DSCF3823.jpg蒸し暑かった日曜日、沢の側は涼しくて気持ちよかったです♪

行く先々でこのアジサイの様な花がキレイに咲いていました。
DSCF3831.jpg

途中にはこんなゴルジュ(狭く切り立った岩壁に挟まれた谷の事。山岳用語ですが、フランス語では”喉”という意味だそうです)もあります!1000m以下の低山にゴルジュが有るのはとっても珍しいんだそうです。
DSCF3835.jpg私はこの山ではココが一番の見所だと思いますが、写真では迫力がなかなか伝わらないのが残念です

DSCF3827.jpg

鎖場です。文字通り鎖が打ってある場所です。この鎖に掴まり登りますが、あくまでも鎖は補助なので、基本は足の力で登ります。上から撮影しているので、ここも迫力が伝わらないですが、下から見上げるとけっこうな岩場です(私にとっては 笑)
DSCF3833.jpgこの鎖場の横は滝です!

岩場でコケも多く、滑りやすく、急なので、それなりに注意して登ります。
DSCF3834.jpg

この滝を越えて少し登ると、林道にでて、東屋のある休憩ポイントがあります。
沢の水が汲めますので、飲料水の補給にも良いかと思います。
DSCF3841.jpg

さて、ここからは沢も終わり、景色が単調になる上、傾斜も急なので、山頂までけっこうキツイです。
DSCF3842.jpg

だんだんヘッピリ腰になってくる私。もっと身体を鍛えないと~(汗)
DSCF3844.jpg

岩茸石と呼ばれている岩です。
かなり大きかったです
DSCF3850.jpg

ヘロヘロになりながらも頂上に到達!
所要時間は休憩を入れて2時間20分!山に慣れている方なら1時間くらいで登れるかも知れません。
DSCF3847.jpg夫は「俺一人だったら1時間で登れるな!」と豪語してました

この日は山頂に付いた頃には曇ってしまい、眺望はイマイチで残念でしたが、こうゆう景色もけっこう好きです。
DSCF3848.jpg

頂上はちょっとした広場になっており、ココでお弁当を食べる方も沢山いましたが、私たち夫婦はいつも下山してからお店に入って食べてます。(重たい荷物は背負いたくないし 笑)

帰りは元来たルートを直接下りますが、山頂でご一緒したご夫婦に伺った話では、尾根沿いのルートも春はカタクリの花や天然ワサビの自生地などが有って美しくてオススメだそうです。
DSCF3859.jpg次は違うルートを通ってみるのも良いかな?と思いましたが、ゴルジュが好きなので、またこのルートを通るかもしれません
下りは1時間半で下りてくる事が出来ました!途中休憩1回で済みました!(ちなみに上りは休憩6回 汗)去年よりも少し進歩しました♪

下山途中でみつけたキイチゴ。食べてみようかと思いましたが、カワイイのでこのままにしておきました。
DSCF3860.jpg

これから上られる方へのご注意としては・・・
★梅雨時期なので沢は水量が多く、コケがあり滑りやすい。
★マムシ注意の看板があり、今年は見ませんでしたが、去年登ったときは2、3匹見かけました。マムシは臆病なのでこちらが構わなければ攻撃はされないそうなので、見かけても騒がずに通り過ぎるのを待つのが良さそうです。
★スズメバチを何匹か見かけました。まだ攻撃性は弱い時期かと思いますが、用心に越した事はないかと思います。この日は私は黒いキャップを被って行きましたが、黒色は避けたほうが良いかも知れません。

何度登っても楽しい棒の峰!今シーズン中にもう一度来られたらいいなぁ~♪と思ってます。







| ハイキング | 22:19 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

NoTitle

精力的に歩いてらっしゃいますね!
でもここ、たのしそう!起伏もあるけどその分変化が多いですよね。
注意事項、ふんふん、へぇぇぇと感心しながら読みました。黒い帽子ってダメなんですか?しらんかった。ゴルジュ、って言葉も初めて知りましたわ 笑
ああいいなー ハイクにいきたいなー。子供には嫌われそうですけどね。

| moi | 2011/06/09 10:42 | URL |

moiさんへ

このハイキングコースは最初と最後がかなりキツイんですが、
この沢沿いのルートが素敵なんですよ♪
滝が有ったり、ゴルジュが有ったり・・・サワガニ採ってる方もいました。
小さい子供さんも何人か登られてましたよ~!子供の体力はスゴイ!と夫と関心してました。

黒色って、スズメバチの天敵、獣(クマかな?)の色で警戒色なんだそうです。
ただ、黄色にも寄って来るって説も有るそうなので、あくまでも念のために・・・。

| Juno☆ | 2011/06/09 10:56 | URL |

NoTitle

このコース、いろいろ変化があって楽しそうですね。
あちこちで寄り途して観察もできますね。
でも、最初と山頂近くの斜面は厳しそう~
うちのだんなね、こういうことをしようとしない人なので、
うらやましいです。
所要時間は関係ないと思いますよ~
自分のペースで楽しみながら登れる事が大切と思います。

あっ、↓の質問ですが、
知らなかったこととはいえ、お気を悪くされたら申し訳ありませんでした。
食事療法など大変でしょうね。
はやく完治されますよう。。。

| あっぴぃ | 2011/06/09 14:09 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

Junoちゃんの記事を読んでいたら、なんだか私も行ってみたくなっちゃった!
初心者向けで沢登りができる所は少ないとか、1000m以下の低山にゴルジュがあるのはとっても珍しいとか。
なんかそれは登らなくちゃ損!みたいな(笑)。
でもね、私は登るのより下るほうが苦手。
特に鎖場は登れるけど、降りるのがコワい...
Junoちゃんは大丈夫だったのね。
ご主人と一緒にハイキング、いいな~!!!

| 愛されている妻 | 2011/06/09 16:04 | URL |

あっぴぃさんへ

このコースは変化に富んでいて強くオススメです♪
私は地面やら立て札やら、アチコチ余所見しているので、
夫はちょっとウザイみたいです(笑)
最初と最後の急斜面が厳しいですが、登る価値ありです♪
確かに登山をするキッカケは必要かも・・・
あっぴぃさんからオススメしてみては如何でしょうか?

↓の事、気にしてないので大丈夫ですよ♪
食事には気をつけてますが、糖尿病や高血圧の方ほど厳しくは無いですし、
胃に刺激を与えすぎないように生活していれば大丈夫ですから。
完治・・・というか、症状が出ない様に気を付けて行くって感じです。

| Juno☆ | 2011/06/09 18:28 | URL |

愛されている妻さんへ

山、面白いですよ!
妻さん家方面だと、丹沢あたりに良い山がありそうですね~!
ウチの夫付きで良ければいつかご一緒しましょう♪

鎖場は初めて行ったとき「これホントに登るの~?降りるの~?」って思ってましたが、
2度目からは楽しくなってきました♪
妻さんのご主人様は山には興味無しですか?
晴れていれば気持ちの良い季節なので、
高尾とか、御岳などの軽い山から行ってみるとか?ダメですかね~?

| Juno☆ | 2011/06/09 18:34 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。