≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高尾山へ行って来ました3 高尾山薬王院~下山~帰宅

高尾山登山記第3弾です!

下山は頂上を通るのを避け混雑を回避できた私達でしたが、「高尾山薬王院には一応(次は何時来るか分からないし 笑)寄っておこうか?」とちょっと寄り道してみました!
このお寺の歴史はかなり古く、約1200年前に開山した真言宗のお寺です。体験修行や、予約をすれば精進料理を食べたり出来るのだそうです(受付していない時期もあるそうです)高尾山薬王院公式ホームページDSCF4811.jpg

広大な境内は紅葉も見頃でした!
そして写真でも分かるように、人、人、人!!でした。
DSCF4812.jpg

このお寺は天狗を祀っているようで、あちこちに天狗の像がありました!
DSCF4814.jpg
DSCF4815.jpgこのお寺には他にもご利益スポットが沢山あるようなのですが、あまりの人の多さに、私も主人も疲れてしまい、その辺はスルーしてしまいました

薬王院出て直ぐにある「山門前もみじや」さんで昼食にしました。
朝からずっと歩いていたのでかなりお腹が空いていて、お店の外観の写真を撮る余裕がなかったです
12時半頃の昼食時に入ったのですが、混雑前だったようで、待つ事無くすんなり座れました♪
今回は本当に時間の段取りが良かったです^^

名物は天狗そばの様ですが、普通に「もりそば」と「かけそば」を頼む私達(笑)
DSCF4819.jpg夫のもりそば大盛。

私は汗が冷えてきて少し寒かったので温かいかけそば
DSCF4821.jpgそば粉の味がしっかりしてコシが有って美味しいおそばでした

2人でシェアした天ぷら盛り合わせ。この天ぷらが凄く美味しかったです!
DSCF4822.jpg薄くパリパリした衣で美味しい!お野菜そのものも甘みがあって美味しかったです♡
お腹を満たして一休みした後は、麓を目指して一気に下山します。

途中であった「ひっぱりタコ杉」
DSCF4825.jpg

一見普通の杉の巨樹ですが・・・
DSCF4824.jpg

根っこがタコに似ているので「たこ杉」と呼ばれているそう。
この写真ではちょっと分かり辛いのですが、根っこがとても長いのです!
DSCF4826.jpg
他にもケーブルカー乗り場の近くには「さる園」や「野草園」4号路には「つり橋」など、見所が沢山あるのですが、何しろ人混み嫌いな私達夫婦(特に夫)。そんな名所にはわき目も振らずにさっさと下山しました(苦笑)

下山で通ったのは1号路。こちらは薬王院の表参道でもあり、キレイに舗装されています。
DSCF4829.jpg普通のスニーカーや、ブーツ、中にはヒールで登ってくるツワモノの方も居ましたが、傾斜が急なのでトレッキングシューズの方が下りは安全かと思います。


薬王院前から麓の登山口まで下りは40分程で下りてきました!
DSCF4831.jpg麓も見事な紅葉でした。

たいてい登山の後は温泉に入るのですが、今回は高尾山から車で10分程度で到着する八王子健康ランド ふろっぴィに行きました!

こちらの温泉は高尾山口駅から送迎バスが出ているので、登山客も沢山いました!
立ち寄り湯、というより「健康ランド」なので、料金はちょっと高めですが、その分設備は充実していて良かったです♪
こちらのお風呂も時間が早かったのでまだ空いていてゆったりお湯に浸かれました

帰りは圏央道を使って帰ろうか?と思っていたのですが、八王子西ICは中央道方面にしか行かれないとの事で、地道に一般道でのんびりと帰りました。夕方の渋滞にもほとんど巻き込まれずにスムーズに帰宅出来ました。

高尾山は確かに混雑していますが、時間さえ上手にやりくり出来ればトイレや売店などの設備は整っているし、登山道もキレイに整備されているし初心者でも登りやすい山だと思います!
ミシュランの三ツ星は伊達じゃないと実感させられる登山となりました

ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村

こちらもポチっとよろしくです♪
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ハイキング | 19:09 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高尾山へ行って来ました2 高尾山頂~城山(小仏城山)

高尾山登山の続きです。

高尾山頂上から展望台の横を通ると奥高尾に続く登山道に出ます。
奥高尾の登山ルートはコチラ↓をご覧下さい。
高尾山登山鉄道公式ホームページ

脚力と時間が有れば陣馬山まで登りたいですが、高尾山山頂から陣馬山まで片道5時間。
無理な計画は命取り!
と言うわけで、かなり手前の城山(小仏城山)を登って引き返す事にしました。
DSCF4782.jpg

ここから何だか山らしい雰囲気になりますが、しばらく歩くと直ぐに”紅葉台”と呼ばれる開けた場所に出ます。
DSCF4783.jpg

紅葉台には写真の様にベンチが沢山置かれていて一休みできます。トイレもありますので、山頂が混雑している場合はここまで足を伸ばした方が山頂で待っているよりも早いかも知れません。
DSCF4786.jpgこの写真には写っていませんが、右手にはお食事処があって食事を取る事も出来ます。

紅葉台からもキレイな富士山が眺められます♪
DSCF4785.jpg

名前の通り紅葉が沢山植わっていて、とても美しかったです
DSCF4787.jpgトイレ休憩を済ませたら改めて、城山を目指して出発です!

紅葉台を下りると城山方面(小仏峠、陣馬山方面)へと続く登山道が現れます。
この写真は夫のお気に入りの一枚なんです。夫曰く「スタンド・バイ・ミー」っぽくてイイ!
私の感想は「黄門様と助さん格さんが歩いて来そう!」です(笑)
DSCF4789.jpg

今年関東にやって来た大きな台風の影響なのか、途中には倒木が数箇所見られました。
倒木をくぐっているのは私です。
DSCF4806.jpgこんな事態のためにも、山に入るときは軍手を持って行く事をオススメします!岩や木に手をかける時や鎖場を登るときなどに便利だし、ケガの予防にもなります。(木のトゲが刺さったとか、岩で擦りむいたなど)

しばらくゆるやかな登りが続き、一丁平と呼ばれる場所に出ます。
こちらには売店はありませんが、トイレやベンチが多数有り、また、ここでも美しい紅葉が見られます。
DSCF4792.jpgこちらで休憩を取って頂上目指して一気に進みます!

一丁平の先は急な登りが続きますが、ここまで来たらあと一息なので、一気に登りました。
20分~30分程で城山(小仏城山)頂上に到着です!

頂上は広めに整備されていて、素晴らしい眺望が臨めます!
こちらは新宿方面。
DSCF4800.jpg写真には映せなかったのですが、肉眼では東京スカイツリーも見られました!

反対側は富士山や相模湖が見渡せます!
DSCF4802.jpg

ズームを最大限に効かせて相模湖を撮りました!
相模湖に掛かる橋まできれいに写りました♪
DSCF4803.jpg

この山の頂上にもお食事処があります!
とても美味しかったのですが、あまりに美味しくて写真に撮り忘れた”なめこ汁”が美味しかったです♡
DSCF4804.jpg今回はこの城山で元来た道を引き返す事にしました!

高尾山手前まで下りて来てました。行きと同じく頂上を通ると時間的に混雑が予想されるので、5号路を使って頂上付近を迂回しました。


これが大正解!
頂上手前の坂道
10:00AM
DSCF4772.jpg

・・・2時間後

12:15PM
DSCF4809.jpg紅葉シーズンの今は人出のピークなので、平日でもこの混雑!
早めに登っておいて良かった!今回の登山計画は夫が立てたのですが、全てが成功♪

ちなみに、高尾は『東海自然歩道』の東の起点だそうで、全長がなんと1697.2km!!
全コースを踏破するには40日~50日掛かるのだそうです!(西の端は大阪・京都に跨る明治の森 蓑面国定公園)他にも、関東ふれあいの道や、笹尾根(檜原村・南秋川方面)へも尾根筋に登山道が通っているそう。
いつか行ってみたいです♪

高尾山登山の記事、後一回ありますので、もう少しお付き合い下さい♪


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村

こちらもポチっとよろしくです♡
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村






| ハイキング | 14:42 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高尾山に行って来ました⒈ 出発~高尾山山頂

人混み嫌いな夫が珍しく
「有給を取ったから紅葉見物に高尾山に行こう」と言い出しました!
高尾山はかの有名なガイドブック「ミシュラン」にも三ツ星で載った場所。
どんな場所なのか、一度は登ってみたいなぁ~、と思っていたので
「もちろん行く~♪」と二つ返事で賛成!

と、言うわけで平日である木曜日の昨日、行って来ました!

夫が下調べしてくれたのですが、平日でもかなり混み合っていて、トイレ(特に女子)や駐車場も1時間待ちなんて当たり前!ってくらい大人気なのだそう。混雑を考慮して、早い時間に登って早く降りる事にしました。

朝6時に我が家を出発!今の季節の朝6時はまだ夜明け前です!
DSCF4742.jpg
寒いけど美しい晩秋の夜明けの空
コンビニで朝ごはんを買い込み出発です!

車中で腹ごしらえしていると、夜が明けてキレイな青空になりましたDSCF4743.jpg途中で車内から撮影した写真、山頂に雪をかぶった富士山も見えました。今日は最高の眺望が期待できそう♪

出発から2時間半、殆ど渋滞に遭遇する事も無く、高尾山の麓に到着です。
DSCF4746.jpg DSCF4745.jpg駐車場(写真がちょっとブレちゃいましたは京王線の高尾山口駅の隣に有ります。夫によると、他にも駐車場が少し離れた場所にあるとか。事前に駐車場の場所は調べていった方がいいと思います。

京王高尾山口駅から徒歩5分程歩くと高尾山ケーブルカーの駅に到着します!
DSCF4749.jpgでも、私達は今回は徒歩で登山道を登る事にしました。

ケーブルカーの駅からさらに徒歩で10分程歩くと登山口が見えてきます!
DSCF4754.jpg今回登ったのは「6号路 びわ滝コース」です。沢に沿って歩くコースで私の好きなコースの予感♪

この写真の左奥、「駐車禁止」の看板の先が登山道です!分かり辛いのでご注意下さい。 
DSCF4756.jpg

この登山道は舗装などがされて居ないのですが、土の方が舗装路より好きな私にはこちらのコースが嬉しいです♪
DSCF4759.jpg鬱蒼とした杉林が続きます。

あまり広くは無い登山道。今月いっぱいは上り専用になっていますので、行かれる方はご注意を!
DSCF4760.jpgちなみに6号路は針葉樹が多いのと、麓近くは日当たりの関係なのか、紅葉はイマイチでした。

苔むして良い感じになっている杉
DSCF4763.jpg

コースの名前のびわ滝がコチラです!
あまり大きな滝ではありませんが、修験者の方が滝行を行うそうです(元来高尾山は修験者の山なんです)
DSCF4758.jpgこちらは修験者の方しか立ち入り出来ないので門の外から撮影。朝早いのでまだ外灯が点いています。

木の根がしっかり土を抱えている斜面。
DSCF4769.jpgうねうねしていて動き出しそうです。


杉林が終わるって分岐を超えると、いちょう平と呼ばれる場所にでます!
DSCF4770.jpgここまで来ると紅葉も美しくなって来ました山頂まであと少しです!


高尾山頂に至る最後の坂道です。
DSCF4772.jpgここからはケーブルカーで登ってきた人たちと合流です。

高尾山山頂に到着!
標高599.15m
山頂付近は素晴らしい紅葉
DSCF4775.jpg約一時間強で登る事が出来ました!
登山ルートとしてはかなり楽に登れると思いますが、いちょう平の前後に急階段ありキツイですが、そこ以外は楽に登る事が出来ました。

山頂に設けられた展望台からは絶景が楽しめます。
これこそが登った人しか見ることが出来ないご褒美
車中から見ていた富士山が大きく見えます!
DSCF4780.jpgちょっと霞掛かってますが、雲ひとつ無い晴天!
まだ午前10時で時間が沢山あるので、少し奥高尾の方まで足を伸ばしてみました♪

が、長くなってしまうので、続きは後日!


高尾山の公式HPを見つけました。詳しいルート紹介や、登山の注意事項などが載っていてなかなか親切な作りです。
高尾山公式ホームページ

ブログランキングに参加しています。
ポチで応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村

こちらもポチっとよろしくです♡
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村

| ハイキング | 15:09 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

丸山・(県民の森)に行って来ました!

11月3日の文化の日の祭日に、久々にハイキングに行って来ました♪
9月、10月と慌しく過ごしていたし、予定していた八ヶ岳もお流れになり、全然山に行けなかったので、寒くなってしまう前に絶対に登りたい!と夫にリクエストしていました。
私の希望は去年登って途中でリタイヤした三峰山に行きたかったのですが、ここは秩父の中でも奥の方で時間が掛かる!ってことで却下されました(涙)

ちなみに去年の記事はコチラです→三峰山① 三峰山② 三峰山③
                            
今回行ったのは自宅から車で2時間ほどの丸山(県民の森)です。
秩父の玄関口のあたりにあり、山の麓はあしがくぼ果樹公園村として、たくさんのフルーツ栽培をしている農家があります。
今回登ったルートはこのHPとほぼ同じです。丸山登山マップ

車を「道の駅・あしがくぼ果樹公園」に停めました。
111103_0852~01こちらは帰りに寄って帰ることにしましょう!

しばらくは、あしがくぼ果樹公園村と呼ばれる麓の農家がたくさんある舗装路を歩きます。こちらはあまり写真をとっても面白く無いので、写真無しです。
道路わきに咲いていた綺麗な小花。
111103_0924~01

しばらく舗装路を歩いていて、そもそも他の山に登りたかった私(だって、八ヶ岳登山の代わりですし)、「この山ってずっとこんななのかな・・・つまんないなぁ・・・」って思い始めた頃に、「これぞ登山道だ!」といった感じの山道が現れます!
111103_0926~01細いので見落とさない様に注意しましょう!
「私はこうゆう山を求めていたよ~!」とウキウキして登っていたら・・・

突然、こんなネットが現れてビックリさせられます!
害獣(多分、イノシシ。でも最近クマも現れたらしいです)が麓に下りてこないように防ぐためのネットの様です。
111103_0934~01

上に行くにしたがって気温は下がっていき、ちょっと雨もパラつき出しました。
「これは急いで登らなければ!」と気持ちだけは焦るのですが、身体がついていかないのです
111103_1028~01木々もいい感じで紅葉していました。

麓から2時間程で、丸山の頂上に到達しました。
頂上付近は『県民の森』として自然公園になっています。
111103_1106~01頂上の展望台。あいにくのお天気で、眺望がイマイチでしたが、綺麗な紅葉が楽しめました♪標高は960.3mです。

ちょっと写真暗めですが木々が紅葉しているのが分かりますか~?
111103_1106~02

帰りは来た道を降りるのではなく、別のルートを通って帰りました。
こちらは途中の大野峠からの眺めです!
111103_1133~01頂上の展望台も綺麗に整備されていて、なかなかですが、こんなシンプルな場所の方が私は好きです。

しばらくキツ目の下りが続きます。途中、先月来た台風の影響なのか倒木などが有って、少し登山道が荒れているので、行かれる方は注意して下さい。

下りの最後の方で、沢筋を通る道が出てきました。
111103_1212~01この橋、わたるときちょっと揺れて怖かったですが、こうゆう風景を求めてました~!何箇所か滝もみられたし、下山ルートの方が特に気に入りました。
111103_1212~03

登山道が終わると、行きと同じように、民家や農家があって、そこを下りきると国道299号線に出ます。
ここから道の駅まで、約1km、時間にして20分くらい歩いて車までもどります。
111103_1247~01山道で疲れた身体に一番堪えるのが、この移動でした!風景の変化が無いし、ひたすら真っ直ぐ歩くだけなので、モチベーションが上がらないんです(汗)

タイミングが合えば、芦ヶ久保駅までのバスに乗ることも出来ますよ~♪

希望していた山とは違う場所での登山になってしまいましたが、この山でも充分にキツかった私少し体を鍛えないと、かなりヤバそうな感じです!
いつか三峰山にリベンジするべく、足腰を鍛えなければ!と思い知らされた登山でした。


ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村

こちらもポチっとよろしくお願いします♡
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村

| ハイキング | 10:22 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夫の登山写真・北アルプス

昨日までの3連休、夫は登山で北アルプスに行っていました。
是非写真をブログにアップして欲しい!とのことなので載せてみました♪
キレイな山の風景に癒されて下さい

3日とも晴天に恵まれたそうで、首など真っ黒に日焼けして帰ってきました!
DSCF4257.jpgかわいい白い花が咲き誇ってます。斜面上の方はまだ雪が残ってます!

キレイな花。ニッコウキスゲかな?撮った本人はお花の名前はさっぱり分からないそうです(笑)
DSCF4146.jpg
こうゆう写真を見ると「行きたい!私も連れてけ~!」と、
脅迫お願いするんですが、この登山の道中は・・・

沢の中をこんな風に歩いたり・・・
DSCF4200.jpg

こんな滝を登ったり・・・
DSCF4228.jpg
ここには載せていませんが、崖(ホントに崖!)を登ったりの、
「ファイトー!いっぱぁ~っつっっっ!!」
スリリング過ぎる登山。
「女には無理だな!」だ、そうです。きいぃ~!悔し~

スゴク水が澄んでいる沢の中の写真です。ちょと解り辛いですが、岩魚がいっぱい泳いでます
DSCF4203.jpg水が綺麗である証拠ですね~

沢や滝、とても美し~い苦労して登った者でなければ出会えない光景です。
DSCF4213.jpg

水が透明です!底が見えますよ~!
DSCF4234.jpg

これぞアルプス!って景色ですね~!
DSCF4267.jpg「いつか私も見たい!行きたい!いつも夫ばっかりズルイ!!」と連発していたら、来月、初心者でも行けそうなルートに連れて行ってもらう事になりました♪
この沢や景色ほどでは無いとは思いますが、日本の屋根、北アルプスに行けると思うと、若葉マークハイカーとしては嬉しい限りです!今から楽しみです♡

| ハイキング | 23:10 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。